よくある質問

SS-Bubble-004

ワークについて

はい、シヴァシャクティの全コース&リトリートは、パートナーがいない方でもご参加いただけます。また、パートナーと一緒に参加されることも歓迎です。

各コースでは、男女数がおおよそ均等になるように配慮していますが必ずしも男女同数とは限りません。また同数でなければならないという設定も設けていませんが、参加者内訳はほぼ男女半々となる場合がほとんどです。

年齢幅も20代から60代後半までと幅広い年齢層の方が参加されています。

はい、もちろん大歓迎です。

リトリートでは、18歳以上の心身健康な個人であればどなたでも参加できます。またリトリートでは激しい動きや肉体の限界に挑戦するようなことはほとんどありません。仮に動きが伴うエクササイズや瞑想技法だったとしても、自分ができる範囲内でトライしてみることができます。

瞑想がまったく初めてであれば、2日間の週末コースから始めてみることをお勧めします。

シヴァシャクティは5000年に渡る古代インドの叡智を、21世紀に生きる現代人のライフスタイルや外的・内的環境にあわせたワーク内容となっています。そのためにシヴァシャクティでは、その源に忠実であり真正であるよう探求・研究をしています

シヴァシャクティは、そのワークを瞑想を基礎とし且つ瞑想を主軸としています。

性の解放と呼ばれて久しい現代においてもなお、タントラは最も誤解されているワークと言えるでしょう。「タントラ」という言葉が一人歩きしていると言っても過言ではないかもしれません。世界中に広がっている数々のタントラワークのなかで、タントラ以外のシステムがワークのなかに混在していることがあります。これは、純粋にタントラを実践したいと願う探求者にとって混乱を招く可能性を秘めています。

源に忠実である。

つまりオリナジナルソースに忠実であるということは、シンプルです。しかしながら多種多様なセラピーやヒーリング手法、瞑想テクニックが溢れかえる現代においてその実践は言葉ほど簡単ではありません。

シヴァシャクティが源に忠実であることは、タントラにとっての祝福だと私たちは考えます。

OSHOは、こう言います。

「タントラはあまり広く知られていない。知られているにしても、それはひどく誤解されている。科学というものは、高度になり、純粋になればなるほど、大衆からは縁遠いものになる。」

「タントラは理解されなかった−−−タントラは誤解された。タントラはあまりに深く、あまりに高いものなので、それも当然のことだった。タントラは二元性を超越し、無道徳に立脚している。道徳、不道徳、無道徳−−−この違いを理解してほしい。我々は道徳なら理解できる。不道徳も理解できる、だが無道徳となると難しい。それは両者を超えている。タントラは無道徳だ。」

シヴァシャクティのワークは、現代の心理療法的アプローチとは違います。それは身体・マインド・魂のレベルにおける出会いです。また、私たちは完全にOSHOのヴィジョンに寄り添っています。

誰しもがそれぞれの不思議な経路を通過しながら、タントラに辿り着きます。それは生の神秘と呼ぶことができます。タントラは誰にでも惹きつけられるものではありません。あなたがタントラを探求してみたいという渇望に気づいたなら、その直感を信頼してみることです。

シヴァシャクティのワークでは、自宅から通うことのできる二日間の週末コースを開催しています。タントラがまったく初めての方は、このコースから始めてください。あなたがカップルでタントラを始めたいと考えているなら、カップルセッションから始めるのもよいでしょう。

瞑想には、初心者・上級者の区別はありません。「渇望」が深ければ深いほど、たった一度の瞑想体験がその後の人生を大きく変容することになる可能性があります。何十年と瞑想している者だけが、瞑想の恩恵を得られる訳ではありません。

外側の世界、いわゆる世間では年功序列や経験者が一目置かれることもあるでしょう。しかし、内側の世界−とりわけ瞑想においては「時間」の長さが、「体験」に比例するとは限りません。

あなたがタントラを探求してみたい。という気持ちや願いが、ワークの中に深く入っていくことを可能にします。ですから、初心者の方でもまったく心配はありません。初めてであるということは、まったく知らないということです。そのことがどれほど素晴らしいことか。ワークを長年経験していくうちに体感できるようになってきます。

ぜひお友達を誘って、一緒にご参加ください♡

どうしても1人で参加することに不安がある方は、事前に講師のトーシャンとLINEでつながって、話しをしてみてください。

ワークが始まるときには、互いの名前がわからないことで不安を感じたりすることもあるかもしれません。

シヴァシャクティのコースでは、参加者同士が出来るだけすぐに、打ち解けていくことができる場づくりを心がけています。

また自分が打ち解けることができないとしても、その気持ちは完全に尊重されることを覚えておいてください。

朝・夕はOSHOアクティブ・メディテーションと呼ばれる60分間の瞑想をします。

セッションでは、

・身体と感情を解放していくダンス

・自分や他者とより親密になるような呼吸法

・自己表現や自己肯定感をサポートするエクササイズや歌

・ストレスを解放し、寛ぎをもたらす瞑想法

・愛と信頼につながるプラクティス

・ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ瞑想

など、ひとりで行うものもあれば、ペアや3人、または4人で行うものもあります。

どのセッションも本人の完全な自由意思が尊重されます。参加者一人ひとりが、安全で守られている感覚とともにトライできるよう講師が場のホールドをしていきます。

おなかを締め付けない、ゆったりとした服装が適しています。ローブを持っている方はローブでも構いません。

ダンスや激しい動きの瞑想のときには汗をかくこともありますので、着替えを十分にご持参ください。また裸足になれるよう、ストッキングの着用は避けてください。

シヴァシャクティでは、ティーチャー養成コースを開催しています。

ティーチャー養成コースは、30~50日間(360時間)に渡るコース&リトリート&瞑想トレーニングおよびプライベートコーチングクラスが必須となります。

現在、日本でタントラ・ティーチャー養成コースを開催しているのはシヴァシャクティのタントラ・スクールのみです。


ワークのなかで、セックスすることも服を脱ぐこともありません。

また性器や乳房にふれることもありません。キスも同様です。

愛のないセックスや、タントラという名のもとに行われる親密さを”自分の限界や羞恥心を超えていくアプローチ”とすることを、シヴァシャクティは賛同していません。

シヴァシャクティのワークのなかでは、本人の意思が最も尊重されます。

ワーク中のエクササイズのなかで、例えば相手のハートに手を置くといったことはあるでしょう。信頼の輪が構築され始めた地点で、他の参加者とハグすることもあるでしょう。
しかしながら、どのような場面でも本人の自由意思がいつでも最も優先されます。

ハートを開き、宇宙とひとつになるためのタントラ瞑想技法の実践の場では、温かで寛ぎに満ちたハッピー・ムードが最も重要なのです。

Load More




1日3分読むだけ
タントラの基礎から学ぶ
7日間無料メール講座

 

もう迷わない。もう悩まない。

 

タントラを知りたいけど、どこから手をつけたら良いか分からない人のための
タントラ教養課程・必須履修科目

 

・タントラって、聞いたことない

 

・タントラって、あやしいそう

 

・タントラって、分かりにくそう

 

どれかひとつでも当てはまる人は、まずこの無料メール講座を読み始めてみてください。