カジュラホの神秘に触れるタントラの旅withショバナ&ガンガジ

インド・カジュラホ瞑想7日間リトリート

タントラの聖地であり、世界遺産インド・カジュラホ寺院。神秘の国インドのなかでも、ひときわ宇宙的空間を紡ぎ出しています。この磁場の空気や光を吸収しながら、20世紀最大の神秘家マスターOshoから直接タントラを伝授されたインド人男性でカジュラホ在住のスワミ・ガンガと、Oshoと親密な時を過ごした数少ない女性弟子のショバナを迎えての待望のロングラン・リトリート実現です。

開催概要

  • 日時:10月11日(金)〜19日(土)<デリー1泊・カジュラホ7泊>
  • 場所:インド・カジュラホ
  • 宿泊&リトリート会場:カジュラホ寺院徒歩圏内のホテル、および世界遺産カジュラホ寺院群
  • 特別招聘講師:マ・ショバナ、スワミ・ガンガ
  • 講師:ウッタム&トーシャン
  • 参加費:168000円(税込み)

こんな方にオススメ


・タントラの探求を深めていきたい方

・タントラの聖地インド・カジュラホで瞑想実践したい方

・性的トラウマを抱えていたり、性的なことに消極的な方

・聖なる愛、本当の愛が何かを知りたい方

・恋人やパートナーなしでもタントラを実践したい方

・子供が欲しい方、欲しいかどうか迷っている方

・人生の無意味さを感じている方・今後の人生の方向を探っている方

・セックスレスで悩んでいる方

リトリートで手に入る4つのポイント

  • 最低を最高へと変容するための瞑想技法
  • 性エネルギーの深い癒しとヒーリング
  • 創造性をもたらし、ポジティブ磁石となる
  • 生の目的、使命を発見する


想像してみてください。


瞑想が何かもよく知らなかった
ごく普通の平凡な主婦

のちに20世紀最大の神秘家で
あるといわれるマスターとの
出会いによって


人生の変容が起こり、
自らも目覚めたる人となっていく。


私たちはその恩恵を今
手放しで享受する機会が
与えられているのです。

 

この存在からの贈り物を

受け取らずにして

死ぬことはできない。

そう言っても過言ではありません。

 

現在、

彼女は80歳を超えており、
カジュラホに来てくれるのはこれは最初で最後でしょう。

 

彼女はダイアモンドです。

 

男性の目覚めたる人は多数いますが、
女性の目覚めたる人に出会うことは
ほぼ皆無に近いでしょう。

しかもこれほどOSHOに近かった女性で

 

もし今、
あなたの人生が大きく変わる予感がしているなら、

カジュラホへの旅は大いなるサポートになるでしょう。

 

ここから先の一歩がどこへ向かうとしても、それまでに起こったことのすべては自分の生が開花するための肥料だったことを理解し、

ハートの深みからやってくる生への信頼と感謝とともに人生の歩みを進んでいくことになるでしょう。

 

講師について

マ・クリシュナ・ショバナ

Ma Krishna Shobahana

 

Shobhanaとは誰なのか?

こう質問された彼女は、笑って答えてくれました。

『私は悪と聖。

一つのエネルギーが二つに分かたれたもの。

身体は歴史を持つが、意識について語るにはどうしたらいいものでしょう。

この身体は、1938年12月26日にインドで誕生しました。

18歳で結婚し、22歳までには2人の息子をもうけ、私の社会への責任は終わりました。

その時、私がとても愛していた祖母が亡くなり、死と生の意味についての問いで私はいっぱいになりました。

落ち着きがなくなってしまっていた、ちょうどそんな折にバグワン・ラジニーシが私の街にやってきて、叔父が私のために彼は正しい人だと言いました。

バグワン・ラジニーシとの初めての出会いのとき、彼は私の背骨に触れて私は稲妻のように感じました。

彼はとても愛情に満ちてこう言ったのです。

「身体と身体の出会いははかなく、物足りないものだ。

もしあなたが私とトータルに出会いたいのなら、Samadhi(サマディ)で私と会いなさい。」

Samadhiの意味を知ることもなく、私は目を閉じてバグワンと出会えることを願いながら座り始めました。

 

それは、叶いました。

1969年インド、ナルゴアールの和尚瞑想キャンプで、私は深い瞑想体験をしました。

その後、彼のそばにいて、毎日の生活のなかで彼をみる多くのチャンスが与えられました。

彼が肉体を離れた後、多くのマスターに出会うためにインド中を旅して回りました。

そこから私が見いだしたのは、メッセージは同じだということ。

それぞれのマスターたちは、独自のユニークな在り方で

瞑想において何を逃しているのかというポイントを指し示してくれるのです。

現在、私はグジャラート州バローダに落ち着いています。』

スワミ・ガンガ

Swami Ganga

 

スワミ・ガンガがOshoに出会ったのは1960年代。そしてその後、カジュラホの地を頻繁に訪れるOshoの正式ガイドとなった。


それは運なのか、あるいは幸運か、はたまた運命によるものなのか、当時まだ十代だったスワミ・ガンガは最大にして偉大なるタントラ・マスターのひとりの手中にいる自身を見いだすこととなった。

 

Oshoはガンガにパワフルな伝授を進めた。
それは、カジュラホ本来の意味や秘教的な歴史も包含するカジュラホの本質についてだった。

またカジュラホに点在する壮大な寺院群の各象徴体系に関するものでもあった。


スワミ・ガンガは、45年間カジュラホ寺院でのツアーをしてきた。

現在は、半リタイアではあるものの自身が経営するカジュラホのホテル・ハーモニーの運営と、彼の雄弁なる知恵を飲み干すべく世界中から訪れる探求者たちのグループのため、彼の崇高なプレゼンスと知恵の伝授に身を捧げている。

スワミ・ウッタム

Swami Uttam

インド、ビハール州のブラーミンの家系に生を受けたボーディー・バイラヴは、厳格な菜食主義とサイレントミールを実践し、日々の穢れの浄化を司る、スピリチュアルな環境で育ちました。

1991年、インドの神秘家OSHOのワークに出会い、
1996年にテイクサニヤスをしてからは、神聖さへの探究はより真摯になり、瞑想は深みを増していきました。

25年にわたる瞑想とヨガの経験から得た、愛と智慧と変容のテクニックによって、生における苦悩の根本原因を見つけ、光と気づきがもたらす至福と喜びを友人たちにシェアしています。

近年は、アジアやヨーロッパ各地で、グループやセミナーや個人セッションを行い、ワークを広めています。

ヒマラヤから南インドまで、数々の聖地を巡り、日本を度々訪れては禅師にも教えを乞い、中国では達磨大師の洞窟にも足を運びました。

マ・トーシャン

Ma Toshan

 

2002年より、タントラの探求&研究を続けている。またインド聖地巡礼の旅を自身のライフ・ワークとしている。

タントラを通して、世界各国を自由に飛び回り、内なる探求者たちとOSHOビジョンと瞑想を分かち合う。

トーシャン公式ブログ:セックスから愛へ、愛から祈りへ

インドの神秘家でありマスターであるOSHOのこのヴィジョンのもと、シヴァとシャクティが目覚める旅をウッタム と共にインドと日本で展開。

日本人でありながら、西洋のライフスタイル感覚を身につけている国際人。現在は、プーナ在住。

Oshoが語るカジュラホ

もしあなたがそこで瞑想したら、タントラマスターたちが何をしていたかを知るだろう。


彼らは、究極のオーガズミックな喜びを感じられるような何かを、石で創りだしていた。
それを成し遂げることが最も難しい。石のなかにエクスタシーをもたらすなど。


そして、もし石がエクスタシーを顕わすことができるなら、そのとき、誰しもが容易にそのエクスタシーのなかへ動いていくことができるだろう。


しかしカジュラホにいく人々は、愚かな人々だ。彼らはカジュラホの彫像を卑猥なものとして見る。そうしたら全てのポイントを逃がす。


そのとき彼らは、自分自身の無意識のうちにある何かを見る。



あるいは、あまりに道徳的になり過ぎてしまい、どの彫刻に瞑想することはできないし、何とかして寺院から一刻も早く出ていこうとする。
彼らは、ただ一瞬ちらりと見る。


カジュラホの彫刻は見るためだけではない、それは瞑想のためにあるのだ。



何時間も静かに座り、瞑想してごらん。もしカジュラホに行くなら、少なくとも3ヶ月はそこに住むべきだ。

そうしたら、オーガズミックな歓喜の内なる彫像ひとつひとつに瞑想することができるだろう。



ゆっくりと、ゆっくりと償われて、ゆっくりと、ゆっくりと調和がやってくるだろう。


そのとき突然、あなたは他の世界へと運ばれていく。

これらの寺院を創造した神秘家たちの世界へと。

これが客観芸術だ。


OSHO

「私の愛するインド」より

リトリート会場&宿泊ホテルについて

スワミ・ガンガが経営するホテル・ハーモニーは、カジュラホ寺院群から歩いて3分のところに位置するホテルに宿泊となります。

また、同ホテル内にある瞑想ホールでセッションや瞑想プラクティスを行います。

この土地を有名にしたのは世界遺産への登録だけでなく、その貢献度はOSHOにも。各地からサニアシン(Oshoの弟子)たちも訪れてきます。

カジュラホについて

カジュラホは、首都デリーから約650kmほど南に位置しています。

訪れる時期は、10月から3月までがベスト・シーズンとなっています。

日本から渡航する場合は、デリー空港まで行き、そこからカジュラホ空港までのフライトを利用予定です。

デリーからは汽車やバスの利用も可能。

 

カジュラホの神秘に触れる旅withショバナ、ガンガジ

 

リトリート詳細

  • 日時:10月11日(金)〜19日(土)<デリー1泊・カジュラホ7泊>
  • 場所:インド・カジュラホ
  • 宿泊&リトリート会場:カジュラホ寺院徒歩圏内のホテル、および世界遺産カジュラホ寺院群
  • 特別招聘講師:マ・ショバナ、スワミ・ガンガ
  • 講師:ウッタム&トーシャン
  • 参加費:168000円(税込み)

参加要件

  • 18歳以上の海外への渡航や生活に十分な体力&気力がある心身健康な男女。年齢の上限は特にありません。
  • OSHOアクティブ瞑想の経験やシヴァシャクティのワーク経験があることが望ましいですが、瞑想やタントラが初めての方は参加を決定される前に個別面談を受けてください(無料30分)。リトリート開始までに実践できる小さな瞑想技法やプラクティスをお渡しします。
  • タントラ経験者、シングル、カップルでの参加も可能です。

スケジュールに関して


10月11日(金)

  • 日本出発 デリー空港近辺ホテルにて1泊(3つ星以上ホテル)

10月12日(土)

  • 午前:デリー〜カジュラホ移動 
  • 午後:オリエンテーション&寺院散策アーシング

10月13日(日) リトリート1日目


10月14日(月) リトリート2日目


10月15日(火) リトリート3日目


10月16日(水) リトリート4日目


10月17日(木) リトリート5日目

10月18日(金)リトリート5日目

 

10月19日(土)リトリート7日目

  • 早朝:セッション
  • 午前:自由行動(寺院散策、買い物など)
  • 午後:カジュラホからデリーへ移動
  • 夜:デリーから成田へ出発、翌日着

リトリートの基本スケジュール:

早朝 寺院での瞑想
朝食
午前 セッション
昼食
午後 セッション 夕方 寺院散策など
夕食
夜 ナイトセッション

※グループ全体のエネルギーや天候によって、スケジュールは変更することがあります。

集合

・10月11日(金)デリー空港 指定のホテル

(ホテルはお申し込みの方にご連絡します。)

※日本人スタッフが同行いたします。行きは成田空港から現地ホテルまで。帰りはデリー空港までとなります。(行きNH827便、帰り10/20(Sun)NH828便)

※インドが初めての方、言葉が不安な方はスタッフと同便の全日空でいらしてください。

※翌朝、国内便にてデリーからカジュラホ空港まで参加者全員で移動となります。

※ご自身で他便によるデリーホテルに到着の方は事前にフライト便名をご連絡ください。ロビーでの出迎えは致しかねますのでご了承ください。速やかなチェックインが出来るよう事前手配をしておきます。ホテルまでのタクシー予約&料金はご自身でお願いいたします。

解散

  • 10月19日(土)カジュラホ空港 午後12時30分頃

※参加者全員で、現地ホテル出発となります。

参加費に含まれるもの

  • リトリート受講費、通訳代、テキスト代、寺院入場料、ホテル宿泊費&食費、デリー宿泊費&朝食、空港送迎、カジュラホでの現地移動交通費、ホテルへのチップ等

参加費に含まれないもの

  • 渡航費(日本⇄デリー往復国際航空券、デリー⇄カジュラホ インド国内航空券)、海外保険、インドビザ取得にかかる諸経費、デリーでの夕食代、お土産などの個人消費や購入品

インド渡航に関して

  • インド入国へはビザが必要です。各自で事前にビザ取得手続きをお願いいたします。旅行代理店でビザ取得代行サービスを頼むと便利です。

  • 日程は、天候や自然災害、天災などで予告なく変更になる場合がございます。
日本とインドの時差

時差は3時間半です。
例えば、
日本の朝8時は、インドの朝11時30分となります。

航空券手配に関して

  • 航空券手配は、ご自身で予約ください。
  • お申込の前に、フライトの確保をお願いいたします。どのフライトを予約すべきかお問い合わせの上、お申込前に航空券空き状況をご確認ください。
  • 航空券購入サポートサービスもございます(有料)。必要な方はお問い合わせください。
航空券購入に役立つサイト

お支払いについて

  • お申し込み後、承諾書・事前アンケートなどの入力をお願いいたします。

※お申し込み手続きが確認され次第、お席を確保します。
※クレジットカード決済が可能です。
※3回まで分割決済が可能です。(手数料なし)


【銀行振込】
 お申し込み後に、振り込み先をお知らせします。

  ※手数料はご負担をお願いいたします。

【カード決済】
 PayPal対応が可能です。手数料4%お客様負担となります。
 

【キャンセルポリシー】
ご入金後、お客様のご都合によってのキャンセルの場合、返金はお受けしてません。
ご入金がない場合でも、出発の14日前からキャンセル料が発生いたします。

14日前(9/27)・・・・・参加費の50%
9日前〜4日前・・・・・・・・参加費の70%
3日前〜当日・・・・・・・・・参加費100%

おことわり
通常の海外ツアーとキャンセル規定が異なります。以下の場合もキャンセルポリシー適用となりますので、ご注意の上インドビザは早めにお取りください。
 
  • インド観光ビザ(1〜6ヶ月滞在可能観光ビザ)取得は参加者ご自身でのお願いいたします。お申込後ビザ申請結果(通常観光ビザ&短期観光ビザ)によるリトリート参加キャンセルであっても当該キャンセルポリシーは全て適用となります。

  • eツーリスト観光ビザ(短期観光ビザ)で現地入国不可によるリトリート参加キャンセルの場合は、参加費100%キャンセル料が発生します。また諸手続きに掛かる追加料金が発生した場合は参加者ご自身の負担となります。

  • 航空機の遅延、キャンセル等、いかなる場合においてもリトリートの全て、または一部に参加できなかった場合、当社ではその責任を負いません。

  • 天候や自然災害、天災、ストライキ、暴動や戦争など不可抗力の事由によって、リトリートの変更を余儀なくすることもありますので、ご了承ください。

  • 個人の都合による遅くの到着、早くに帰国する場合も、返金・割引はできません。


ショバナの詩

Varanium ヴァランニゥム

 

Varaniumは言う

低次の本性に恐れなく直面することができないもの

高く飛翔へと向かうことができないもの

Varaniumはあなたを愛する

私たちは祝福を逃し続けているーーー

これや あれや

どれほどの言い訳が積み重なっていることだろう?

どれほどの後悔をため込んでいることだろう?

何度 逃げ出したことだろう

そして 暗闇へと身を隠していることだろう?

私たちの時がやって来たのを知っている

祝福は私たちを待っている

なぜ これ以上遅らせよう?

Varaniumはあなたを信頼する

私たちが瞑想について知りたいのなら

見つけられるべきことがたくさんある

そこからひとつ、 あなたのためのひとつがある

あなたのための、そのひとつを見つけるために

私とともにいるよう招待します

あなたが私とともにあるとき

呼吸のエクササイズを通過していくことでしょう

それは私たちの内側に新たな環境を創りだすでしょう

そして もしかしたら 道を見いだすかもしれない

Varaniumは呼び起こす

古い思考のパターンが 道を妨げる

私たちは神秘なる瞬間を待っている

そして それこそが完結だ

このようにして自身を体験していくこと

それは それ自身 贈り物だ

呼吸のエクササイズを通して

何かが開き続けていく

自分を取り巻く世界が変わる

Varaniumは解放する

問いを招き、尊重しなさい

問題を受け入れなさい

痛みや緊張から逃げてはいけない

最低と出会い、そして最高なるものを内に手に入れなさい

Varanium瞑想は

未知なるエネルギーをのぞき込み

未知なるエネルギーを生きること

それらを可能にする

あらゆるエネルギーには転機がある

瞑想の状態ーー

それは愛でエネルギーを創造する

そして それらを祝福へと変換する

The Key of Varanium

Varanium Changes Duality into Oneness

私たち自身を自分に紹介しましょう

自分自身を自分に紹介するのです

奇跡なほどに素晴しい自然のアーキテクチャ

それは人間の身体を呼ばれる

この身体が持つ無数の機能を

私たちはほとんど知らずにいる

なぜなら私たちは感情に捕まってしまうから

それは生に直面すれば来ては過ぎるもの

自分自身を洗い清めていくために、

呼吸のエクササイズを使うことができる

Dhyanaーー瞑想に広げていくことができる

太陽と月のエネルギーを

異なる速度で

鼻から入って出ていく呼吸をしていく

ドルフィン・ダイブのシンプルなウォームアップの後

6つのチャクラが動いていくでしょう

そうしたら つながっている身体のひとつひとつを

面倒みることができるようになります

ほとんどの時間 チャクラの前面にフォーカスしています

これらのチャクラの効果は重くなってしまうこと

身体の背面にある同じこれらのチャクラにも焦点を合わせていく

前面のチャクラと背面のチャクラに交差換気がされていく

背骨もまたとても重要な身体の部分であり

呼吸のテクニックと合わせて、やわらかくシンプルなエクササイズを通して

注目していく必要がかようにある

こうした技法を言葉で説明するのは

ガイダンスのもとで実践するのとは同じではない

それを一人でやるよりも、グループで実践するほうが

インパクトは大きく、恩恵や経験もより強くなるでしょう

では Varaniumはここで物理的には終わります

が、瞑想のなかで続いていきます

By Maa Krishna Shobhana

ショバナの詩。

Varanium Says

He who cannot fearlessly face his lower nature,

Cannot take the higher flights—

Varanium Love You

We are missing the blessings

Excuse me– Excuse me—

How many excuses to be collected?

How much repentances to be stored?

How many times to escape,

And hide the self in the dark?

We know our time has come—

The blessings are waiting for us—

So Why Delay?

Varanium Trusts You

If we want to know about meditation

There is a lot to be found—

Out of them there is one for you—

To find which one is for you—

I invite you to be with me—

When you are with me,

We shall go through some breathing exercises—

That will create a new environment within us—

And may be, we find our way—

Varanium Reminds

The old pattern of thinking abstructs the way—

We are all waiting for some mysterious moment—

And that is completion—

To experience the self in this way—

Is a gift in itself—

With the breathing exercise—

Some thing continues to open—

The world around us changes—

Varanium Liberates

Invites and respects questions—

Accepts problems—

Does not run away from pains and tension—

Meets the worst, and gets the best within—

Varanium meditation will makes one capable—

To look into these unknown energies—

To live into these unknown energies—

All the energies have a turning point—

Meditation state—

Will create the energies with love—

And convert them into blessings—

The Key of Varanium

Varanium Changes Duality Into Oneness

Let us introduce us to our selves—

Introduce me to myself—

The miraculously wonderful architecture of nature,

Called the human body—

We barely know the innumerably functions,

That this body is capable of—

This is because we are caught up in emotions,

That come and goes as we face our lives—

To cleanse ourselves, we can use breathing exercises,

Interspersed with Dhyana—meditation—

We can let the Solar and Lunar Energies,

Breathing in and out through our nostrils,

In different speeds—

After simple warm up of a dolphin dive,

We can get our six chakras in motion,

So that they can look after the well being of body parts,

They are connected to.

Most of the time the focus is on the front of the chakras.

The potency of these chakras increases manifold,

When we also focus on the back of these chakras,

So as to give a cross ventilation.

In a manner of speaking the spine too is a very important

Part of the body and thus need attention too with gentle and

Simple physical exercises, Attached with breathing techniques.

Explaining these techniques in words in not the same thing

as doing it practically with guidance.

Again the impact, the benefit and the experience are

stronger and better, when practiced in a group, than doing it

on one zone.

So Varainium ends here physically,

But Continues in Meditation—

By: Maa Krishna Shobhana

.

copyright(c)2017 Varanium All rights reserved.


【お問合せ先】
トーシャン info@shivashakti.jp

リトリート主催
アート・オブ・ラブ




1日3分読むだけ
タントラの基礎から学ぶ
7日間無料メール講座

 

もう迷わない。もう悩まない。

 

タントラを知りたいけど、どこから手をつけたら良いか分からない人のための
タントラ教養課程・必須履修科目

 

・タントラって、聞いたことない

 

・タントラって、あやしいそう

 

・タントラって、分かりにくそう

 

どれかひとつでも当てはまる人は、まずこの無料メール講座を読み始めてみてください。