Level3インド瞑想トレーニング

北インドの聖地リシケシで瞑想三昧の休暇〜OSHO瞑想の知られざる科学の秘密〜

インド瞑想トレーニング
OSHO瞑想の知られざる科学の秘密

There is nothing sweeter or more beautiful on earth than the desire to know the truth.

地球上に、真実を知りたいと渇望することほど甘美で美しいものはない。

Osho

この瞑想トレーニングは瞑想をもっと楽しみたい、もっと深めたい。

そして内なる旅に向かうための瞑想の科学を徹底的に理解したい人のために作られた完全にユニークなオリジナルプログラムです 。

トレーニングは2つのパートから構成されます。

Rishikesh-India

開催概要

日時201912日(火)〜日(日)
会場OSHOガンガダム・センター[インド・リシケシ]
講師ウッタム &トーシャン
受講料108000円(税込)
  • 集合日時:12月3日(火)デリー空港近郊ホテル(参加費込)
  • トレーニング開始:12月5日(木)OSHOダイナミック瞑想より
  • トレーニング終了:12月8日(日)OSHOクンダリーニ瞑想まで
  • 解散日時:12月8日(日)トレーニング会場にて
  • 受講料に含まれるもの:トレーニング代、通訳代、テキスト代、デハラデュン空港/OSHOセンター間交通費、宿泊費(デリー1泊リシケシ4泊)、4日朝~8日夜までの食費、お茶お菓子
  • お部屋:同性との2人部屋 ※シングル部屋は追加料金にて対応
お申込みはこちら



こんな方にオススメ

  • 日本から少し離れて、自分をゆっくり見つめたい方
  • これからの人生の方向性を決めかねている方
  • 安心できる海外の瞑想リトリートに参加したい方
  • ハッピーな人生を送りたいと願っている方
  • 今まで自己流で瞑想を試したことはあるが、なんとなくピンと来ない方
  • これから瞑想を始めていこうと考えているが、どこから学んだらいいか迷っていいる方
  • OSHO瞑想をすでに実践しているが、瞑想体験を維持できず悩んでいる方
  • シヴァシャクティのティーチャーとしてタントラ・瞑想を教えたい方

トレーニング終了後に手にいれる4つのポイント

  • 理由も前触れもなく内側からハッピネスがやってくるようになります
  • 自分をもっと素直に受け容れ、愛せるようになります
  • なぜ瞑想が自分の人生に必要なのか、その目的を知ることができます
  • 数あるOSHO瞑想のなかで、自分に合った瞑想法を見つけることができます
  • 正しい瞑想法を身につけることができます。
  • 瞑想を人々と分かち合うことができる自信と強さを持てるようになります



パート1:ディプログラミングとガラクタ浄化

Deprogramming and cleaning the rubbish

私たちが瞑想を始めると、今まで知らなかった自分の側面に出会います。
それは多くの場合、条件付けと呼ばれる本来の自分ではない、躾や学校教育の過程で知らずに教え込まれた信じ込み体系です。

またそれは、過去の体験と紐付けされた感情的・心理的記憶に依存しています。

しかし、どこまでが自分の条件付けで、どこからが自分の真実なのか混乱することもしばしばあります。
他者の言葉やコメントを鵜呑みしてしまったり、ときには愛情溢れるアドバイスがその当人の無意識から来る全く逆の意図だと気づかずにいることさえあります。

そして、私たちは翻弄し、疲労し、結局のところ何をよりどころにしていいのかわからなくなったり、瞑想そのものへの疑いや混乱が生じます。

パート1では、この条件付けによる信じ込みを洗い流す作業と、私たちがその全人生をかけて集め続けてきたガラクタを浄化するプロセスを体験します。

・何が自分のガラクタなのか、その正体を知り、
・条件付けと本来の自分の境界線を理解し、
・その理解を土台として、浄化力のある瞑想技法を実践することで
・無意識の層に投げ込まれたガラクタを洗い流していきます。

パート2:スピリチャリティのABCと瞑想の喜び

ABC of spiritually and joy of the meditation

ひとたびガラクタが一掃され浄化されるとき、内側に初めてスペースが広がります。
それは空っぽと呼ばれたり、あるいは静寂のスペースと呼ぶこともできるでしょう。


瞑想が深まっていくに従って、そのスペースは拡大し続けていきます。

ですが、私たちのほとんどがそのスペースを恐れるがゆえに反対方向へと再び向かうことになります。

グループやセミナー参加に費やしたすべての投資とは裏腹に、私たちは再びその空っぽのスペースにガラクタを放り投げ始めます。

なぜなら、この何もない空っぽのスペースが自分の内側に起こってきたときに、何が支えになるのかを私たちは学んでいないからです。

この2日間では、内なる探求を支える瞑想の科学を今一度基礎から学び、その技法に隠された鍵を理解することで自身の瞑想が深まるのを助けます。

また代表的な技法として10以上もあるOSHOアクティブ瞑想のそれぞれの技法について、インド古代の智慧と瞑想の歴史的背景も含めて理解を深めます。
瞑想者にとっても、これから瞑想を始める人にとっても興味深いテーマを追求します。

・宗教とスピリチャリティの違いを学び、
・瞑想が深まっていくための変容の科学を理解し、
・自分にあったOSHO瞑想を発見することで、
・日常生活で、自分ひとりでも継続できる瞑想ライフの骨格を構築します。


受講者の喜びの声

講師について

ウッタム

インド、ビハール州のブラーミンの家系に生を受けたボーディー・バイラヴは、厳格な菜食主義とサイレントミールを実践し、日々の穢れの浄化を司る、スピリチュアルな環境で育ちました。

1991年、インドの神秘家OSHOのワークに出会い、
1996年にテイクサニヤスをしてからは、神聖さへの探究はより真摯になり、瞑想は深みを増していきました。

25年にわたる瞑想とヨガの経験から得た、愛と智慧と変容のテクニックによって、生における苦悩の根本原因を見つけ、光と気づきがもたらす至福と喜びを友人たちにシェアしています。

近年は、アジアやヨーロッパ各地で、グループやセミナーや個人セッションを行い、ワークを広めています。

ヒマラヤから南インドまで、数々の聖地を巡り、日本を度々訪れては禅師にも教えを乞い、中国では達磨大師の洞窟にも足を運びました。

著書となる「REAL WOMAN」は、絶賛発売中。

リアル・ウーマン〜すべての女性の魂のために〜

トーシャン

東京生まれ、東京育ち。

愛とは何か。自分とは何か。自分が生きる意味とは何か。その答えを強烈に探し求めながらも、枠組みから外れることを極度に恐れて一歩も動けない状態が30年余り続いた。

それはまるで檻の中に押し込められた野獣が夜毎、慟哭を叫びつつ、昼間は羊の毛皮をかぶって良識ある社会人を装い、いわゆる普通の人として振る舞えるよう精一杯の努力をしていたようなものだった。

臨界点に達したちょうどその頃、OSHOとタントラに出会い、救われた。

2002年テイクサニヤス。以来、タントラの探求&研究を続けている。またインド聖地巡礼の旅を自身のライフ・ワークとしている。

タントラを通して、世界各国を自由に飛び回り、内なる探求者たちとOSHOビジョンと瞑想を分かち合う。

トーシャン公式ブログ:セックスから愛へ、愛から祈りへ

インドの神秘家でありマスターであるOSHOのこのヴィジョンのもと、シヴァとシャクティが目覚める旅をウッタム と共にインドと日本で展開。

日本人でありながら、西洋のライフスタイル感覚を身につけている国際人。現在は、プーナ在住。

トレーニング会場について

OSHO Gangadham Center は、Laxman Jhula(ラクシュマンジュラ)と呼ばれるリシケシの町の中心地から4kmほど山に向かっていった川沿いに位置しています。

 デリー国際空港から、車で約6時間。空港から電車の場合、デリー駅からHaridwar(ハリドワール)駅まで行き、そこから車で約1時間半。 

または、デリーから国内線でDehradhun(デハラデュン)空港まで行って、そこから車で約1時間となります。

センターの目の前に流れるガンジス河が私たちの浄化プロセスを24時間サポートし続けます。

ガンジス河上流に位置しているので、水は清らかな美しいエメラルドグリーン。沐浴も毎日できます。



リシケシについて

リシケシは、北インドの聖地と呼ばれおりその名のとおりヒマラヤから流れてくる聖なるガンガ―ガンジス川に沿ってすべての生活が営まれています。

そこにはサドゥーと呼ばれる修行者たちや、ヨーガの修行や瞑想のために滞在する世界各国の真実を探求する人々が多く集います。

伝統的なヒンドゥー教の人々にとってもまたここは、巡礼地であり、自身を清め、ラ―マやシバなどヒンドゥー教の神々が瞑想した場所であり、リシケシは今もなおそのバイブレーションを感じることができる場所です。

そしてハートを癒す波動がここにはあります。

会場のOSHOセンターは澄んだガンジス川が目の前にあり、囲む山々や木々のなかで自然と癒しが起こることでしょう。すべての部屋からリバービューを臨むことができます。

 また、初めてとは思えないほどのアットホームな雰囲気と宿の人々、愛をこめて作られた美味しいインドの家庭料理を堪能できます。

川べりに座って飲むチャイは、今まで味わったことのない寛ぎのひとときとなることでしょう。



Level3インド瞑想トレーニング with Uttam & Toshan

開催概要
日時201912日(火)〜日(日)
会場OSHOガンガダム・センター[インド・リシケシ]
講師ウッタム &トーシャン
受講料108000円(税込)
  • 集合日時:12月3日(火)デリー空港近郊ホテル(参加費込)
  • トレーニング開始:12月5日(木)OSHOダイナミック瞑想より
  • トレーニング終了:12月8日(日)OSHOクンダリーニ瞑想まで
  • 解散日時:12月8日(日)トレーニング会場にて
  • 受講料に含まれるもの:トレーニング代、通訳代、テキスト代、デハラデュン空港/OSHOセンター間交通費、宿泊費(デリー1泊リシケシ4泊)、4日朝~8日夜までの食費、お茶お菓子
  • お部屋:同性との2人部屋 ※シングル部屋は追加料金にて対応

参加要件

  • 18歳以上の海外への渡航や生活に十分な体力&気力がある心身健康な男女。年齢の上限は特にありません。
  • OSHOアクティブ瞑想の経験やシヴァシャクティのワーク経験があることが望ましいですが、初めての方は参加を決定される前に個別面談を受けてください(無料30分)。
  • シングル、カップル、親子での参加も可能です。
  • 子どもと一緒に渡航&参加される方は、ベビーシッター対応が可能です。

ツアー日程

12月3日(金)

  • 日本出発 デリー空港近辺ホテルにて1泊(3つ星以上ホテル)

12月4日(土)

  • 午前:デリー〜リシケシ移動 
  • 午後:オリエンテーション&自由行動

12月5日(日) トレーニング1日目


12月6日(月) トレーニング2日目

12月7日(火) トレーニング3日目


12月8日(水) トレーニング4日目

12月9日(土)

  • 早朝:OSHOアクティブ瞑想(個人オプション)
  • 午前:自由行動
  • 午後:リシケシからデリーへ移動
  • 夜:デリーから日本へ出発、翌日着

1日の基本スケジュール

早朝OSHOアクティブ瞑想 
朝食
午前セッション
昼食
午後セッション
夕方OSHOアクティブ瞑想
夕食前イブニング・ミーティング(夜の瞑想)
夕食
ナイト・セッション

※グループ全体のエネルギーや天候によって、スケジュールは変更することがあります。

集合

・12月3日(火)デリー空港 指定のホテル

(ホテルはお申し込みの方にご連絡します。)

※日本人スタッフが同行いたします。行きは成田空港から現地OSHOセンターまで。帰りはデリー空港までとなります。

※インドが初めての方、言葉が不安な方はスタッフと同便でいらしてください。

※デリー着後、翌朝国内便にてデリーからデハラドゥン空港(会場最寄りの空港)まで参加者全員で移動となります。

※ご自身でデリーのホテルに到着の方は事前にフライト便名をご連絡ください。ロビーでの出迎えは致しかねますのでご了承ください。速やかなチェックインが出来るよう事前手配をしておきます。空港からホテルまでのタクシー予約&料金はご自身でお願いいたします。

解散

  • 12月8日(日)OSHOガンガダムセンター 午後18時頃

※トレーニングは12月8日(日)OSHOクンダリーニ瞑想で終了となります。その後、夜の瞑想やガンジス川での最後の夜を楽しみ、翌日会場出発となります。

※会場からデハラドゥン空港までの送迎は、スタッフと同便の方のみ無料サービスとなります。

※トレーニング終了後、現地延長滞在をご希望の方は対応いたします。お問合せください。

参加費に含まれるもの

  • リトリート受講費、通訳代、テキスト代、センター宿泊費&食費、デリー宿泊費&朝食、お茶お菓子

参加費に含まれないもの

  • 渡航費(日本⇄デリー往復国際航空券、デリー⇄デハラドゥン インド国内航空券)、海外保険、インドビザ取得にかかる諸経費、デリーでの夕食代、お土産などの個人消費や購入品

インド渡航に関して

  • インド入国へはビザが必要です。各自で事前にビザ取得手続きをお願いいたします。旅行代理店でビザ取得代行サービスを頼むと便利です。

  • 日程は、天候や自然災害、天災などで予告なく変更になる場合がございます。
日本とインドの時差
時差は3時間半です。
例えば、
日本の朝8時は、インドの朝11時30分となります。

航空券手配に関して

  • 航空券手配は、ご自身で予約ください。
  • お申込の前に、フライトの確保をお願いいたします。どのフライトを予約すべきかお問い合わせの上、お申込前に航空券空き状況をご確認ください。
  • 航空券購入サポートサービスもございます(有料)。必要な方はお問い合わせください。
航空券購入に役立つサイト

お支払いについて

  • お申し込み後、承諾書・事前アンケートなどの入力をお願いいたします。

※お申し込み手続きが確認され次第、お席を確保します。
※クレジットカード決済が可能です。
※3回まで分割決済が可能です。(手数料なし)


【銀行振込】
 お申し込み後に、振り込み先をお知らせします。

  ※手数料はご負担をお願いいたします。

【カード決済】
 PayPal対応が可能です。手数料4%お客様負担となります。
 

【キャンセルポリシー】
ご入金後、お客様のご都合によってのキャンセルの場合、返金はお受けしてません。
ご入金がない場合でも、出発の14日前からキャンセル料が発生いたします。

14日前(11/19)・・・・参加費の50%
9日前〜4日前・・・・・・・・参加費の70%
3日前〜当日・・・・・・・・・参加費100%

おことわり
通常の海外ツアーとキャンセル規定が異なります。以下の場合もキャンセルポリシー適用となりますので、ご注意の上インドビザは早めにお取りください。

 

  • インド観光ビザ(1〜6ヶ月滞在可能観光ビザ)取得は参加者ご自身でのお願いいたします。お申込後ビザ申請結果(通常観光ビザ&短期観光ビザ)によるトレーニング参加キャンセルであっても当該キャンセルポリシーは全て適用となります。

  • eツーリスト観光ビザ(短期観光ビザ)で現地入国不可によるリトリート参加キャンセルの場合は、参加費100%キャンセル料が発生します。また諸手続きに掛かる追加料金が発生した場合は参加者ご自身の負担となります。2019年8月現在、eビザ給付は1年ビザが発給されます。

  • 航空機の遅延、キャンセル等、いかなる場合においてもリトリートの全て、または一部に参加できなかった場合、当社ではその責任を負いません。

  • 天候や自然災害、天災、ストライキ、暴動や戦争など不可抗力の事由によって、リトリートの変更を余儀なくすることもありますので、ご了承ください。

  • 個人の都合による遅くの到着、早くに帰国する場合も、返金・割引はできません。

Level 3-1: OSHOメディテーション・トレーニング

OSHO® Meditation Training: In-depth and Facilitating 4 Days

OSHO International Meditation Resortがインド・プネーで毎月4日開催のメディテーション・トレーニング。

日本ではOsho Japan主催のもと、年2回開催されています。

OSHO 瞑想の科学、アートの技法をたのしく学びながら、
自分自身の瞑想を、さらに深めたいと感じている人々、
そして、その瞑想を友人たちと分ち合いたい、
または、瞑想センターや、ヘルス・クラブ、スパ、セラピーや、
沢山の創造的な仕事としての環境の中でファシリテーターとして、

OSHO 瞑想を自信をもって紹介したい人々のためへのトレーニングです。

Osho Japan瞑想センターのトレーニング案内ページより抜粋

コース修了後、Certificateが手渡され世界各地でOSHO瞑想を人々と分かち合うことができます。

インド・プーナで開催されるコースへの参加ご希望の方は、プーナへの旅を案内いたします。

詳しい内容や金額についてのお問い合わせはこちら。

トレーニングに関するお問合せ

リトリート主催
アート・オブ・ラブ




1日3分読むだけ
タントラの基礎から学ぶ
7日間無料メール講座

 

もう迷わない。もう悩まない。

 

タントラを知りたいけど、どこから手をつけたら良いか分からない人のための
タントラ教養課程・必須履修科目

 

・タントラって、聞いたことない

 

・タントラって、あやしいそう

 

・タントラって、分かりにくそう

 

どれかひとつでも当てはまる人は、まずこの無料メール講座を読み始めてみてください。