今夜はシヴァラトリです

今日、インドでは
シヴァラトリのお祝いです。



シヴァの祝福が
降り注がれる1日ですので



オーム・ナマ・シヴァーヤという
マントラを唱えたり、



シヴァリンガともに座って瞑想、


ナタラジ(シヴァの別名)瞑想、

など


シヴァを身近に感じる瞑想を
トライする機会を
ご自身につくってみてはいかがでしょうか?


「シヴァ」の画像検索結果

シヴァラトリというのは、

「シヴァの夜」

「吉兆の夜」

という意味があります。


今夜はシヴァが
駆けつけてくれるので


瞑想するなら夜がいいですね!

シヴァラトリを祝う

<1>マントラを唱えるOm Namah Shivaya


YouTube動画&音楽

1時間くらいあるから
かけながら歌って
盛り上がってください♪

<2> OSHOナタラジ瞑想を実践する

シヴァの別名であるナタラジ

65分間の踊る瞑想です。

完全にシヴァに乗っ取られて
自分が消えてしまったら、
こんな祝祭はありません。

ナタラジはダンスのエネルギーです。これはトータルな瞑想としてのダンスです。内側のすべての境界が消え、繊細で、くつろいだ気づきが残ります。

インストラクション

この瞑想は3つのステージからなる65分の瞑想です。

第1ステージ  40分間

目を閉じ、とりつかれたかのように踊ります。無意識の層に、完全に自分が乗っ取られるのを許します。動きをコントロールしたり、起こっていることを見ようとしたりしてはいけません。踊りの中に、全面的に入り込みましょう。

第2ステージ  20分

目を閉じたまま、直ちに横たわります。静かにじっとしていましょう。

第3ステージ  5分

祝福のうちに踊り、楽しみましょう。


「エゴの中心である踊り手を忘れ、
踊りそのものになりなさい


それこそが瞑想だ。



あなたが踊っていることを
すっかり忘れるほど、


あなたが踊りそのものに
なると感じ始めるほど深く踊りなさい。



内なる境界は消えなければならない


そのとき、
それが瞑想となる」

「もし境界があれば、
 その踊りは一種のエクササイズだ。

それは良い、健康的だ。

しかし、
それはスピリチュアルとはいえない。

ただの踊りにすぎない。


踊りは、それ自体いいものだ。
踊りである限りそれはいいものだ。


踊った後、
新鮮で若返ったように感じるだろう。


だが、それではまだ瞑想ではない。
踊りだけが残るまで、


踊り手が消えなければならない……



脇に立ってはいけない、
観察者になってはいけない。


参加しなさい!

「そして遊びに満ちているがいい

この遊びに満ちるという
ことばを覚えておきなさい——


私にとって、
それがまさに基本だ



OSHO



引用:osho.com